現在ホームページ改装中です。リンクURL設定、画像の欠損等ありますが、ご容赦下さい。

自宅3Dプリンターでヨーヨーを作り続ける、こだわりのブランド

ショップへ行く

ヨーヨーのイベント、44festivalに行ってきました。

Hideki Toho
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

7月14日に行われたイベント、44festivalに行ってきました。

今回は物販にスタッフにといろいろやってましたが、久々にじっくりヨーヨーのフリースタイルを観戦できたような気がします。僕が競技会に選手として出始めたころから10年ほど経ち、メーカーもプレイヤーも顔ぶれが変わったことを強く感じる一日でした。

(レザルトが出たら、公式ホームページへのリンクを貼ります。)

YOYOMAKER物販について

3Dプリンター持ち込みで、実演デモをしつつ、3DEEPとキャンディーダイスを出させていただきました。

mowlさんのところにあったヨーヨーファクトリーのベンのブラックライトでキャンディーダイスを撮影(ややこしい)。

温度変色3DEEPと温度変色キャンディーダイスは戻り分があるので、通販サイトに在庫を加えました。

YOYOMAKERのウェブショップはこちらから

それぞれ再生産の予定はありません。

スポンサード景品について

ヨーヨーファクトリーさん、ターニングポイントさん、C3さん、mowlさんなど、そうそうたるヨーヨーメーカーの中で、ペーペーの私が出せる景品ってあんまりなくてすみません。

YOYOMAKERとしましては、ノンスポンサード部門優勝として「作ってみるサービス・ヨーヨー設計&3Dプリント券」、オーバー30部門とプロプラスチック部門の優勝として、3DEEPのチョコミントカラーを提供させていただきました。優勝、入賞されました方々、おめでとうございます。

プレゼントのお知らせ

物販しながら、その場で3Dプリントをして多色キャンディーダイスを作りました。

適当に持っていった素材をその場で組み合わせて作ったのと、3Dプリンター自体の調整がしっかりできていないので、あまり良い出来ではないのですが、3つ、プリントしました。

ファンイベントの景品にしてもらおうと作ったのですが、渡すのを忘れて持って帰ってきてしまいました(笑)。

そこで、この3つのうちいずれかをメルマガ読者さまにプレゼントします。

A:オレンジ&シルバーラメの多重構造

B:イエロー、メロン、グロウの3層構造

C:メロン、シルバーラメ、イエロー、グロウの4層構造

オレンジとシルバーラメはお気に入りです。同じものは二度と作ることができませんので、あしからず。

即席キャンディープレゼントキャンペーンへの応募方法は、7月16日のメルマガ、7月19日のメルマガに掲載します。

メルマガ未登録の方はこちらからどうぞ。

メールマガジンに登録する | YOYOMAKER "Yoyo creation with 3Dprinter"

 

11月のイベント、44CLASHでお会いしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© YOYOMAKER "Yoyo creation with 3Dprinter" , 2018 All Rights Reserved.