無料3DCAD使い方解説講座 その2

ダウンロードがまだの方はこちらから

今回の目標は、3DCAD「デザインスパークメカニカル」の画面の見方を理解することです。

ではさっそく参りましょう。

立ち上げると下記のようになります。

新規作成から行きましょう。
左上のファイルから、新規作成、デザインとクリック。

すると、このような方眼紙を斜め上から見るような画面に行きます。

今回、テストデータの「ルーシーキャット」を入れています。
これから画面の中で扱うデータのことを「3Dモデル」と言ったりします。
みなさんはまだ気にしなくてよいです。
まずは、見ててください。

上にあるメニューの「向き」を見てください。
ここにある、スピン、パン、ズームはよく使います。

スピンを使ってドラッグしてみると、猫をいろんな角度から見ることができます。

ズームで拡大してみたり。

さらにスピンして、猫を下から見てみたり。

ホームビューという項目をクリックすると、向きが元に戻ります。

いかがでしょう。
まずは、3Dモデルの「向き」を操作することに慣れましょう。
いま、自分が、どの角度から、何を、どうやって見ているのか、がわかると、ものすごく操作しやすくなります。

ちなみに、私、独学で始めたんですけど、最初わけがわからなくて、ここにたどり着くまで1週間位かかってます(笑)。

メールマガジンに登録する

YOYOMAKERでは、3DCADや3Dプリンターの情報をメールマガジン形式で行っております。主な内容は、3Dプリンターの活用方法・ノウハウ、3DCADテクニックです。お気軽にご登録ください。
また、CandyDiceProを始めとするYOYOMAKERの製品は、生産機械が3Dプリンターである都合上、品薄になることが多々ござます。また、各ヨーヨー専門店や、玩具屋店舗等でのお取り扱いがないので、確実な入手が難しくなると思います。製品はメルマガ読者様優先でお出しさせていただいており、読者様限定販売や読者様先行のご案内などをしております。確実に入手されたい方はご登録をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA