Unlimited Yoyo Works Vol.004 ダークマジック(ヨーヨージャム)

アンドレ・ボウレイ!
叫んじゃいました。

ダークマジックはヨーヨージャムの金属リムヨーヨー。
ボディ部分はポリカーボネイト。
外周部にアルミのリングを配置して、外側へ重さを配置することで、より回転力を維持する構造になっています。

冒頭に叫んだ「アンドレ・ボウレイ」は、このヨーヨーのシグネチャープレイヤー。
アンドレ兄さんという通り名で、一時期、いろんなトリックのチュートリアルビデオ、教えてくれるのは彼でした。
ヨーヨーがプレイヤー個人の好みを反映して、固有名が付いて市場に投入される、という流れはこのあたりでできたものでしょうか。
ほかにも、ヨーヨージャム社からは、スズキヒロユキ選手のスピーダー、シマダダイスケ選手のシグマブレードなど、日本人のシグネチャーモデルも出しています。

2007年とかだったと思います、当時中野にあったヨーヨー専門店、スピンギアの福袋で入手しました。
ヨーヨージャムの金属リムヨーヨーは、練習量が多くなって本体へのヨーヨー本体への負荷が大きくなったり、使わずに置いておくと経年劣化で、クラックと呼ばれるボディ割れが起きます。
黄色のものも、赤色のものも、クラックが起きてしまってます。
リングだけになってます(笑)

こうした「よく回る、重たいヨーヨー」を扱う頃には、
競技で扱うトリックの前提となる「バインド」という技や、
2つ、3つとトリックを続けて行う「コンボ」というプレイができるようになります。
ヨーヨーの上げ下げだけしかできなかったところから、スキルとともにステップアップしていった先が、この金属リムヨーヨーだったわけです。

リム片面だけで15グラムとかあるんですよね。そりゃよく回りますよ。
この時期のヨーヨーをトレースするのはすごく面白いですね。
ということで、いつもの3DPDFを。

darkmagic

メールマガジンに登録する

YOYOMAKERでは、3DCADや3Dプリンターの情報をメールマガジン形式で行っております。主な内容は、3Dプリンターの活用方法・ノウハウ、3DCADテクニックです。お気軽にご登録ください。
また、CandyDiceProを始めとするYOYOMAKERの製品は、生産機械が3Dプリンターである都合上、品薄になることが多々ござます。また、各ヨーヨー専門店や、玩具屋店舗等でのお取り扱いがないので、確実な入手が難しくなると思います。製品はメルマガ読者様優先でお出しさせていただいており、読者様限定販売や読者様先行のご案内などをしております。確実に入手されたい方はご登録をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA