無料3DCAD使い方解説講座 その6

今回は、ポリゴン機能を使って、多角形を書いてみます。
「3DCADで多角形を描く」なんかもうものすごく高度に聞こえる響きですが、ご安心下さい。
便利にできています。
将来的に、六角ボルトや多角形形状の締結部品を使うことになる場合、頻繁に使うことになるので慣れておいて下さい。

では、上部メニューから、ポリゴンを選択します。

平面モードで書きましょうね。

中心にしたい場所をクリックして広げると、きれいに六角形が広がります。

ちなみに、キーボードのTABキーを押すことで、何角形にでもできます。試しに8を入れてみると、八角形になりました。

エンターを押して確定しましょう。

「3DCADで多角形を描く」
なんか難しく聞こえるこの作業、できちゃいましたね。
さっそく明日あたり、お友達に自慢しましょう。

メールマガジンに登録する

YOYOMAKERでは、3DCADや3Dプリンターの情報をメールマガジン形式で行っております。主な内容は、3Dプリンターの活用方法・ノウハウ、3DCADテクニックです。お気軽にご登録ください。
また、CandyDiceProを始めとするYOYOMAKERの製品は、生産機械が3Dプリンターである都合上、品薄になることが多々ござます。また、各ヨーヨー専門店や、玩具屋店舗等でのお取り扱いがないので、確実な入手が難しくなると思います。製品はメルマガ読者様優先でお出しさせていただいており、読者様限定販売や読者様先行のご案内などをしております。確実に入手されたい方はご登録をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA