レーザーカッター仕組みのお話 番外編

YOYOMAKER直販ストアをご利用頂いた方はすでにご存知かもしれませんが、私の気まぐれで「オマケ」を入れております。
「オマケ」は造形が不出来な3Dプリント品だったり、「キャンディーダイス」のマスコットキャラクター「ダイスケ」のチャームだったりしています。

このダイスケチャーム、レーザーカッターという道具を使って作っています。
興味本位でやってみたら案外うまいこといったので(笑)、オマケとして封筒に入れ始めた、というわけです。

今回は、そんなレーザーカッターを使用する風景を写真でレポート。


こんな感じのオリジナルグッズが作れます。
2017年12月のお楽しみ企画「キャンディーダイス ブラインドボックス」にランダムで入れたので、もしかしたらお持ちの方も多い?


ファブラボ世田谷さんに来ました。


これがレーザーカッター。かなりデカイです。


イラストレーターのファイルを読み込ませます。
大量のダイスケ・・・


スタート!
レーザーの照射光がカットしたい板に当たって、切ったり、刻印を入れたりします。

次回より、ダイスケチャームをどうやって作っていくか、という過程を追いかけながら、レーザーカッターの使い方をお教えします。

メールマガジンに登録する

YOYOMAKERでは、3DCADや3Dプリンターの情報をメールマガジン形式で行っております。主な内容は、3Dプリンターの活用方法・ノウハウ、3DCADテクニックです。お気軽にご登録ください。
また、CandyDiceProを始めとするYOYOMAKERの製品は、生産機械が3Dプリンターである都合上、品薄になることが多々ござます。また、各ヨーヨー専門店や、玩具屋店舗等でのお取り扱いがないので、確実な入手が難しくなると思います。製品はメルマガ読者様優先でお出しさせていただいており、読者様限定販売や読者様先行のご案内などをしております。確実に入手されたい方はご登録をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA