Unlimited Yoyo Works Vol.006 ヒットマン(ヨーヨージャム)

前回に引き続き、ジョニー・デヴァリエのシグネチャーヨーヨーです。
ヒットマンと言います。

なんだろう、このムキムキの男がちっちゃいヨーヨーを器用に扱う動画を作って意味が…あるのかないのか…。
いずれにせよ、当時としてはインパクト強かったような。

ユーチューバーなんて言葉のない時代、国内でぱっと入手できないアメリカの製品。
何を見て憧れるかといったら、こういう一流プレーヤーが自分で作るプロモーションビデオと大会の動画でしたね。
同じ機種だけど、数を一番多く買ったのはこのヨーヨーくらいじゃないかな。
ボディカラーもいろんなものが選べるというわけではなくて、好きな色の入荷を待って注文する、というようなやり方で買い増ししていった記憶があります。

さて、このヒットマンというヨーヨーは、その後、ヒットマンプロ、ヒットマンXという進化系が登場するのですが、残念ながら評判はよくありませんでしたし、この初代ほどたくさん作られてないんじゃないでしょうか。ヨーヨーの設計は、外周に重さを置いて回転力を上げる形状の追究から、トリック中に、ボディとストリングの摩擦によって起きるスリープロスをいかに軽減するか、という方向にシフトしていきます。ヨーヨーファクトリーなど後進のメーカーからはどんどんフルメタルヨーヨーが出てきていて、「ローエッジ」と呼ばれる形状が主流になり始めていた頃に、ちょっと時代遅れの形状ということもあったのでしょう…。

競技ヨーヨーにおいて、一時代を打ち立てた金属リムヨーヨー。
その全盛期を物語るヨーヨーがヒットマンです。

hitman

メールマガジンに登録する

YOYOMAKERでは、3DCADや3Dプリンターの情報をメールマガジン形式で行っております。主な内容は、3Dプリンターの活用方法・ノウハウ、3DCADテクニックです。お気軽にご登録ください。
また、CandyDiceProを始めとするYOYOMAKERの製品は、生産機械が3Dプリンターである都合上、品薄になることが多々ござます。また、各ヨーヨー専門店や、玩具屋店舗等でのお取り扱いがないので、確実な入手が難しくなると思います。製品はメルマガ読者様優先でお出しさせていただいており、読者様限定販売や読者様先行のご案内などをしております。確実に入手されたい方はご登録をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA