現在ホームページ改装中です。リンクURL設定、画像の欠損等ありますが、ご容赦下さい。

自宅3Dプリンターでヨーヨーを作り続ける、こだわりのブランド

ショップへ行く

世田谷クラウドファンディング学校の「センパイ」として話して来ました。

Hideki Toho
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

どうも東方です。
先日、クラウドファンディングのセンパイとして体験談を話してきました。
圧倒的な結果を出し続けているオールユアーズの木村さん、ハタチそこそこでも大きな金額の調達に成功したワンノバのメンバーに比べればちっぽけな事例ですが、クラウドファンディングに対して(というよりは、自分のアイデア、プロジェクトに対しですね)真剣に取り組んだからこそ言えることがあります。

(1) IID 世田谷ものづくり学校 – ホーム

そこでお話させていただいた内容は、Facebookのクローズドのグループでシェアしているのですが、もし、知りたい方がいたら下記までメールください。メールでPDFを送ります。

宛先:info@yoyomaker.jp

メールタイトル:クラウドファンディング事例の詳細を希望

メール本文:お名前、住んでいる地域、メールアドレスを明記

それと、世田谷ものづくり学校が家から行ける範囲にある方で、アイデアがあってクラウドファンディングにチャレンジしたいという方はぜひ、世田谷ものづくり学校さんの「世田谷クラウドファンディング学校」に申し込んでください。そのへんの本や、自分で起案したことのない人の意見ではなく、リアルな情報を仕入れることができますよ。

今日はこのへんで。

この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© YOYOMAKER "Yoyo creation with 3Dprinter" , 2019 All Rights Reserved.