現在ホームページ改装中です。リンクURL設定、画像の欠損等ありますが、ご容赦下さい。

自宅3Dプリンターでヨーヨーを作り続ける、こだわりのブランド

ショップへ行く

Unlimited Yoyo Works Vol.006 ヒットマン(ヨーヨージャム)

Hideki Toho
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

前回に引き続き、ジョニー・デヴァリエのシグネチャーヨーヨーです。
ヒットマンと言います。

なんだろう、このムキムキの男がちっちゃいヨーヨーを器用に扱う動画を作って意味が…あるのかないのか…。
いずれにせよ、当時としてはインパクト強かったような。

ユーチューバーなんて言葉のない時代、国内でぱっと入手できないアメリカの製品。
何を見て憧れるかといったら、こういう一流プレーヤーが自分で作るプロモーションビデオと大会の動画でしたね。
同じ機種だけど、数を一番多く買ったのはこのヨーヨーくらいじゃないかな。
ボディカラーもいろんなものが選べるというわけではなくて、好きな色の入荷を待って注文する、というようなやり方で買い増ししていった記憶があります。

さて、このヒットマンというヨーヨーは、その後、ヒットマンプロ、ヒットマンXという進化系が登場するのですが、残念ながら評判はよくありませんでしたし、この初代ほどたくさん作られてないんじゃないでしょうか。ヨーヨーの設計は、外周に重さを置いて回転力を上げる形状の追究から、トリック中に、ボディとストリングの摩擦によって起きるスリープロスをいかに軽減するか、という方向にシフトしていきます。ヨーヨーファクトリーなど後進のメーカーからはどんどんフルメタルヨーヨーが出てきていて、「ローエッジ」と呼ばれる形状が主流になり始めていた頃に、ちょっと時代遅れの形状ということもあったのでしょう…。

競技ヨーヨーにおいて、一時代を打ち立てた金属リムヨーヨー。
その全盛期を物語るヨーヨーがヒットマンです。

hitman

この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© YOYOMAKER "Yoyo creation with 3Dprinter" , 2018 All Rights Reserved.