現在ホームページ改装中です。リンクURL設定、画像の欠損等ありますが、ご容赦下さい。

自宅3Dプリンターでヨーヨーを作り続ける、こだわりのブランド

ショップへ行く

Unlimited Yoyo Works Vol.010 K-OS(ケイオス/ヨーヨージャム)

Hideki Toho
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

もう10年前かぁって以前もどこかで書いた気がします。今日は、エリック・コロスキーのシグネチャー、K-OS(ケイオス)の紹介です。

小ぶりな54mm、ダンカンのラプターとほぼ同じサイズのヨーヨーです。

メタルヨーヨーと比べても同じくらいの高い回転性能を持っています。このヨーヨーのフィーリングが好きな人、結構いるんじゃないかなーと思いますよ。

特徴的なのは、黒いリム部分。

これはヘヴィーグラビティーといって、ゴムに金属粉を混ぜた素材を、ヨーヨージャムがリム形状したものです。ヨーヨージャムしか挑戦してなかった素材です。下手したらアルミリムよりも回ってるんじゃないか、と思うくらい、良い重量配分になってます。K-OSにおいては、ヨーヨーのスタンダードサイズと言われる直径56mm前後よりも一回り小さいのですが、しっかりと重量が確保されています。回転力の秘密はリムの直線部分ですかねぇ。ここにがっつり重さが載っているんですよね。

どうも材料の価格が高騰したらしくアルミの金属リムのほうが結局安く仕上がるということで、競技ヨーヨーの世界、またヨーヨーの歴史から消えていった素材です。ヨーヨージャムの中でも、3~4種類くらいのヨーヨーにしか採用されませんでした。

当時のヨーヨージャムとしては主流の、Oリングとスターバーストのレスポンスシステム。バインドして手元に戻すときに、キュッという独特の音がします。

ではPDFを置いておきます。

YYJ_K-OS v3

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© YOYOMAKER "Yoyo creation with 3Dprinter" , 2018 All Rights Reserved.