現在ホームページ改装中です。リンクURL設定、画像の欠損等ありますが、ご容赦下さい。

自宅3Dプリンターでヨーヨーを作り続ける、こだわりのブランド

ショップへ行く

Unlimited Yoyo Work .ex01 SideEffect(サイドエフェクト)/ワンドロップ

Hideki Toho
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

今日の題材はヨーヨーではないので、exとしてナンバーを別に振ることにしました。

ワンドロップのサイドエフェクトです。本当に素晴らしい発明です。

ワンドロップよくぞやってくれたと。もっと評価されて良いと。心の底からそう思います。

このサイドエフェクトというのは「ヨーヨーの軸部分を取り出してユニット化した金属の部品」です。

素材違い、色違い、形状違いに目が行きがちですが、真価はそこじゃないと思っており。

・M4のネジがきっちり切られていて、ヨーヨーのボディをつなぐ

・ボールベアリングを保持する

・Oリングでヨーヨーのボディをしっかりおさえる

これらヨーヨーの軸周りに必要な機能を最小限のサイズに組み込んであることが、この製品の特徴であり、魅力です。

トレースしていくとわかるのですが、微妙なテーパーがついていたり、0.1mm単位で太さを変えているところがあったりと非常に芸が細かい。まぁそんな話はさておき、まずは楽しんでみます。

ブラックカラーのマークモントクラシックを例にして組み替えました。

レッドのスパイク

オレンジのフラット

ブルーのドーム

同じヨーヨーでも、この中心部を変えるだけでずいぶんと印象が変わるのが不思議です。

また、私のYOYOMAKERとして最初の「3Dプリント製品としてのヨーヨー、3DEEP」の軸周りに採用したのも、このサイドエフェクト。

採用にあたっては、ワンドロップに手紙を送って、その後メールでやりとりし、ちゃんと許可を得ています。

そういえば、ワンドロップのジャパンメンバーから「サイドエフェクトって昔、図面公開してたはずなんだよねー」とコメントいただきまして、図面を公開していたというM1に続いて、ワンドロップすげぇな!と思わざるを得ません。今も公開されているかはわからないです。

それはさておき、3DEEP、本体カラバリとサイドエフェクトを組み合わせて遊ぶ、という遊び方をして欲しいですね。

しとらす – 十波の風邪の子雑記(仮)

こちらのブログでは、まさに!私が楽しんで欲しいなーと思った遊び方をしておられます。

YOYOMAKER「3DEEP」レビュー

ヨーヨーエデュケーションさんでもレビューを書いて頂いておりますが・・・なんとハートマーク・シルバーのサイドエフェクト、見たことない、超レア?私も欲しいぞ!

UYYW_onedrop_se

今回は3DPDFを見てもあんまりおもしろくないかもですね。

3DEEPの購入はこちらから↓片面のみの販売もしておりますよ。

YOYOMAKERのウェブショップ

この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© YOYOMAKER "Yoyo creation with 3Dprinter" , 2018 All Rights Reserved.