現在ホームページ改装中です。リンクURL設定、画像の欠損等ありますが、ご容赦下さい。

自宅3Dプリンターでヨーヨーを作り続ける、こだわりのブランド

ショップへ行く

Unlimited Yoyo Works Vol.005 Xコンビクト(ヨーヨージャム)

Hideki Toho
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

ジョニー・デヴァリエ

この人がいなければ、ここまでヨーヨー続けていなかったです。

なぜ脱ぐ(笑):32秒

ちょうど、フリーハンドを購入した時期だったと思います。
Youtubeでヨーヨーの動画観ていて、たどり着いたのがこの動画でした。
エミネムの曲に合わせてヨーヨーを操る、これがもう最高にかっこよく見えて、この人のトリックをやりたい!と思ったのでした。

そこで、手に入れたのが、彼、ジョニー・デヴァリエのシグネイチャーヨーヨー、Xconvict(エックスコンビクト)でした。
ピンクの他に、スペシャルバージョンの赤と、黒を持っています。
2013年に世界大会に行ったときに彼にお願いし、サインをもらいました。

直径が53mmなので、現在のヨーヨーのトレンドに比べると小さめですが、かなり粘り強く回転します。
久しぶりにこのヨーヨーで遊びましたが、相当練習しましたね、このヨーヨーのフィーリングはかなり好きですね。

ヨーヨージャムはもうすでにヨーヨーを作っていないので、もう手に入りません。
こういうヨーヨーを、せめて3Dデータに残していく、ということをしていきましょう。

Xcon

この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© YOYOMAKER "Yoyo creation with 3Dprinter" , 2018 All Rights Reserved.