現在ホームページ改装中です。リンクURL設定、画像の欠損等ありますが、ご容赦下さい。

自宅3Dプリンターでヨーヨーを作り続ける、こだわりのブランド

ショップへ行く

3DCADと3Dプリンターでヨーヨーを作って遊ぶワークショップ開催レポート@IIDキッズワークショップ2017

Hideki Toho
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

2017年8月19日(土)、IID世田谷ものづくり学校にて、
「3DCADと3Dプリンターでヨーヨーを作って遊ぶワークショップ| kids 2017」を
開催させていただきました。

3DCADと3Dプリンターでヨーヨーを作って遊ぶワークショップ| kids 2017


※参加募集、イベントは終了しております。

当日は世田谷ものづくり学校全体でさまざまなキッズワークショップが開催されていました。
YOYOMAKERはファブラボ世田谷をお借りしました。


小学1年生から3年生までのお子様と、その保護者様が参加。
いきなり3DCAD操作に入ると挫折のもとになるのを自ら体験済みのYOYOMAKER。
大きく考え方を伝えてから、3DCADの操作に入ります。お子様も保護者様も操作に熱心でした。
「フィレット(面取りの操作)」を行ってヨーヨーの丸みができる瞬間、歓声が上がります。
最近の小学生はパソコン操作に慣れていることと、問題なく3DCADを操作できることにびっくりしました。
すばらしいメイカーに育ってほしいと思っています。


3Dデータをどのようにプリントするのか、3Dプリントを実演しました。
はじめて見る機械と、実物が動いているところに、興味津々です。


ヨーヨーひとつであれば6時間~8時間程度でできあがります。


最後はお約束、みんなでヨーヨーの遊び方を学びます。

合計7組のご家族にご参加頂きました。ありがとうございました。

YOYOMAKER 東方

この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© YOYOMAKER "Yoyo creation with 3Dprinter" , 2017 All Rights Reserved.