レーザーカッター

レーザーカッターを使ってみよう その1 カットする線

ファブラボと呼ばれる施設には、たいてい置いてあるレーザーカッター。

板モノを加工するにはベストのマシンです。

今回は、カットするための線を引く、ということを解説します。

使用しているソフトはイラストレーターCS6になります。

1.ドキュメントのサイズを指定する

新規ドキュメントで、A4というか、幅と高さがわかる紙用のデータを作りましょう。

カラーモードはRGBにします。

(私がよく借りているレーザーカッターはRGBカラー設定でさまざまな指示を出します。)

2.試しに長方形を書こう

とりあえず何か書いてみましょう。長方形ツールで適当に長方形を書きます。

書きました。ここからもうひと作業します。

3.線の設定を行う

今書いた長方形を選択し、線の太さを0.0001mm、線をRGBのレッドにします。

これで完了です。

レーザーカッターやオペレーションパソコンのソフトウェアによっては、RGBレッドの設定が変わってしまうこともありますので、イラストレーターの使い方に慣れている人はレイヤー化しておくなど、現地で編集、扱いやすいようにしておくとよろしいかと思います。

 

 

 

人気動画

-レーザーカッター

© 2021 YOYOMAKER "Yoyo creation with 3Dprinter" Powered by AFFINGER5