現在ホームページ改装中です。リンクURL設定、画像の欠損等ありますが、ご容赦下さい。

自宅3Dプリンターでヨーヨーを作り続ける、こだわりのブランド

ショップへ行く

【企画連載】3Dプリンターでガンプラは作れるのか?イフリートシュナイドを組み立てる02

Hideki Toho
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

3Dプリンタ本体が低価格になってきていて、プラモデルが趣味の人って、3Dプリンタがどんなことに使えるか?果たして自分の模型・プラモデル趣味に使えるか?気になってる人、多いと思うんですよね。僕自身もガンプラやミニ四駆は結構好きでして、いろいろ試してみたいなぁと日ごろから思ってます。この連載はそんな疑問をお持ちのかたのための記事です。

前回の記事では、3Dデータをダウンロードし、スライスするところまでやってみました。

今回は、ボディパーツのプリント結果をシェアします。

プリント設定は0.2mmレイヤー。細かい部分が多いので、かなりゆっくりプリントさせました。かかった時間は、この2つのパーツで52分。どうなるか読めなかったので、ラフト、サポートはなしにしました。

この写真の左、いわゆる胸装甲パーツの裏側はダメでしたね、これはプリント失敗です。サポート立てたほうがよさそう。一方、背中のほうのパーツはけっこうきれいな気がしますね。

↑この写真の左側、胸装甲パーツの表面は思った以上にきれいです。さらには、右側の背中パーツ、ポリパーツを保持する部分が非常にきれいにプリントされています、ピンまできれいなんですよ。思ってた以上に良い結果が出ました。

 

ポリパーツを保持するところがきれいに出たのは個人的に意外でした。背中側のパーツはこのまま使うとして、胸装甲のパーツはサポートを立ててきれいにプリントできるように修正します。

0.2mmのノズルに変換し、0.1mmレイヤーでプリントすることができれば、相当きれいに仕上がるのではないか?という期待も生じましたね。正直「無理だろ」と思ってたので(笑)、ちょっと楽しみになってきました。

 

次回は、きれいにできなかった胸装甲パーツのリベンジをします。お楽しみに!

この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© YOYOMAKER "Yoyo creation with 3Dprinter" , 2019 All Rights Reserved.