ガンプラへの応用

【企画連載】3Dプリンターでガンプラは作れるのか?イフリートシュナイドを組み立てる03

3Dプリンタ本体が低価格になってきていて、プラモデルが趣味の人って、3Dプリンタがどんなことに使えるか?果たして自分の模型・プラモデル趣味に使えるか?気になってる人、多いと思うんですよね。僕自身もガンプラやミニ四駆は結構好きでして、いろいろ試してみたいなぁと日ごろから思ってます。この連載はそんな疑問をお持ちのかたのための記事です。

今回は、胸装甲パーツのリベンジです。リベンジって言っても、慎重にサポートを外しただけです。

きれいですね。ワイプの設定を小さくすることで、側面がもっときれいにプリントできそう。

サポートもきれいにできてます。

良いですね。とりあえず2個、パーツをプリントしたことで、なんとなくわかってきたので、どんどんプリントしていこうと思います。

次回、ある程度パーツをプリントしたところで、本家HGUCのパーツと3Dプリントパーツを比較してみます!

 

メルマガ講座「10日でわかる!3Dプリンターにまつわるエトセトラ」登録はコチラから
  • この記事を書いた人

東方ヒデキ

3Dプリンターで競技ヨーヨーを作り続けて6年の職人です。3Dプリンターを自由に心置きなく楽しく使える人を増やしたいので、YouTubeとメルマガで実体験に基づく3Dプリンターの運用ハウツーをお伝えしてます。

-ガンプラへの応用

© 2021 3DプリンターのことならYOYOMAKER Powered by AFFINGER5