現在ホームページ改装中です。リンクURL設定、画像の欠損等ありますが、ご容赦下さい。

自宅3Dプリンターでヨーヨーを作り続ける、こだわりのブランド

ショップへ行く

Unlimited Yoyo Works Vol.012 ウーリィマーモット2(CLYW)

Hideki Toho
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

前回に引き続きCLYW、ウーリィーマーモット2です。

ウーリィーマーモットが2009年ごろの発売、この2は2014年の発売、ということで、モダンアップデートがなされています。

CLYWには、ウーリィーマーモットをすこし大きくしたピークという機種があります。

というか、ピークを小ぶりしたのがウーリィーマーモット?

ピークも、ピーク2という機種があって、あちらは正当進化というか、系譜が感じられますが。

こちらは、2の名前が付いてますが、系譜とか関係なくて、もう「別物」です。

1は、高めのエッジからラウンドしていき、若干のフラット。

対する2は、パンプがあって若干のステップがあってのストレート。ウイングを付けて幅を出し、内側に大きくステップを設けて中央寄りの重量配分。

見た目もまったく違いますしね。ただ、どちらもよー回ります。

ということで、前回の3DPDFとあわせて、見比べていただけるとおもしろいかと思います。

↓3DPDFはこちら。

clyw_wooly2

この記事を書いている人 - WRITER -
Hideki Toho
家庭で運用できる3Dプリンターを駆使してヨーヨーを作ることに拘るブランド、YOYOMAKER代表。法人、個人に関わらず、モノとして実現したいアイデアを持っている人の手助けを行います。スケッチからのプロダクト構造設計、3DCADデータ作成、3Dプリント試作を担当。 多くの人にデジタルファブリケーションを始めるきっかけを与えるべく不定期でワークショップを開催。小学生から社会人まで幅広く参加頂いている3DCADと3Dプリンター活用のワークショップが好評。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© YOYOMAKER "Yoyo creation with 3Dprinter" , 2018 All Rights Reserved.