ブログ

VRoidStudio v0.1ダウンロードしました。ファーストインプレッション。

Pixivさんがソフトウェアをリリース。

VroidStudio

VRoid Studioは、人型アバター(キャラクター)の3Dモデルを作成できるWindows・Mac用アプリケーションで、どなたでも無償で利用可能になります。作成した3Dモデルは、3Dアプリケーションで利用可能なファイルにエクスポートすることができます。リリース時にはVRM形式でのエクスポートに対応するほか、今後他のファイル形式でのエクスポートもサポートしていきます。

とのことで、今後の発展が期待できるソフトウェアです。

ベータ版の登録をしていたので、メールが来ました。一般公開は8月3日とのことです。

ダウンロードして使ってみました!

VRoidStudioの操作画面紹介

ダウンロードしてzipを解凍。インストーラーではなく、アプリケーションとして立ち上がります。

最初にコンフィグ画面。windowedにチェックを入れないと全画面になります。

始まりました。

新規作成をクリック。

名前入れるの?とりあえずtestで。

おお、最初からいる(笑)。

普通、モデリングソフトってなにもないところから始めるから、これはちょっと新鮮。

顔をアップにして、目のパーツをいろいろと変えてみました。

髪型を作れるのかな?

髪を生やしていきます。ショートカットぽい感じ。

髪の毛のパラメータはかなり多い。どれをいじるとどう変わるかは試しながらじゃないとまだわからないですね。

エクスポートをしてみます。なんかいろいろ入力するみたいです。

まだ、vrmという形式でしか保存できない様子。

ソフトを閉じる時、なぜかフリーズしてしますので、強制終了で閉じます。

感想と今後の期待

私のパソコンの性能がそれほど高くないのもあると思いますが、操作感はややもっさりしています。

今の段階では、髪型を作っていく、顔のビジュアルを変える、くらいしかやれることがないというのもあり、「こんなもんかな~」のソフトウェアですが、機能が追加されればされるほど化けそうな予感。

私としては3Dプリンターがあるので、このソフトでモデリングしたキャラクター、ぜひともプリントまでしてみたいところ。

なので、出力形式に「stlファイル」はぜひ追加して欲しい。

ほかには、もちろん実装する予定でしょうが、身長やボディラインのカスタマイズ、衣装の変更、ポーズの変更、アニメーション、男性キャラクターの作成機能あたりはあって良いかなと。

いずれにせよ、このような高機能な3Dモデリングソフトウェアがポンと無償で出てくる時代になっています。

我々ユーザーとしては、このツールを使ってどんなアウトプットをするのかが課題になってきますね。

Fusion360と組み合わせて、小物を作るとか・・・レンダリングするとか・・・???

VRoidStudioのバージョンアップと動向を見守っていきましょう。

メルマガ講座「10日でわかる!3Dプリンターにまつわるエトセトラ」登録はコチラから
  • この記事を書いた人

東方ヒデキ

3Dプリンターで競技ヨーヨーを作り続けて6年の職人です。3Dプリンターを自由に心置きなく楽しく使える人を増やしたいので、YouTubeとメルマガで実体験に基づく3Dプリンターの運用ハウツーをお伝えしてます。

-ブログ

© 2021 3DプリンターのことならYOYOMAKER Powered by AFFINGER5